テリントンTタッチ−リンダ・テリントン・ジョーンズー ウサギ −

テリントンTタッチ  日本事務局


What's New
   お知らせ

What is TTouch?
   テリントンTタッチとは

TTEAM for Horses
   馬のTタッチ TTEAM

TTouch for Dogs
   犬のTタッチ

TTouch for Rabbits
   ウサギのTタッチ

TTouch for Humans
   人のTタッチ

Event Calendar
   スケジュール

Practitioners
   プラクティショナー

Certification
   認定資格プログラム

  Registration
     お申し込み

  FAQ
     よくある質問

  Testimonial
     受講者の声

Publication
   出版物

Publicity
   メディア情報

Shopping
   用具の購入

Photo Album
   アルバム

Link
   リンク

Inquiry
   お問い合せ

・・・・・・・・・・・・・・・
TTJP Members

   TTJP会員ページ
・・・・・・・・・・・・・・・

TTouch for dogs
 犬のTタッチ

How can Tellington TTouch help my dog?
テリントンTタッチは、
愛犬に何をしてあげられるのでしょうか?

毎日の日課としてテリントンTタッチをほんの数分間行うことで、健康、行動、トレーニングの効果、あなたとの関係性といった面において、愛犬に大きな違いが見られるようになるでしょう。もし愛犬を撫でている時間があるのであれば、その時間をTタッチに使っていただけばよいのです。実際、Tタッチは忙しい人にぴったりのものです。Tタッチは簡単に学べて、世界中のトレーナー、獣医師、そして多くの愛犬家に活用されています。

TTouch and Training
Tタッチとトレーニング

Tタッチをトレーニングと組み合わせることで、トレーニングの時間とコストの価値を高めることができるでしょう。Tタッチは、愛犬の学習力を高めます。つまり、集中力と自制心を高め、より早く学習できるようにさせ、トレーニングをより楽しいものにしていくことができます。トレーニングによって様々なことを教えることはできますが、犬の気質を変えることは難しいでしょう。その点でTタッチは、特にシャイ、怖がり、過剰反応しやすい犬に向いていると言えます。あなたと愛犬の信頼関係を築き、愛犬の自信を高めていきます。

TTouch and Health Care
Tタッチとヘルスケア

獣医療と日常的な健康管理にTタッチを加えることは、愛犬が健康で長生きすることに役立ちます。病気やケガの回復を早め、痛みを減少させて、ツメキリや投薬などのケアを楽にできるようにしてくれます。イヤーワーク(耳のTタッチ)は、健康全般のケアだけでなく、非常時の救命処置にも使えます。犬と暮らすすべてのだれにとっても、この簡単にできる救命テクニックを知っておくことはたいせつ不可欠です

Stress reduction
ストレスの軽減

Tタッチは、習慣的な緊張を解きほぐすことによって、そして身体面、精神面、感情面のバランスを改善することによって、ストレスを軽減します。ストレスを軽減することは、免疫系統を維持し、愛犬が新しい状況に順応できるように手助けするという点で大切です。過剰に反応する、不安、またはシャイな犬に関しては、Tタッチによってより落ち着いた状態でいる方法を犬自身が学ぶことができるようにすることができます。愛犬と共にTタッチを行うことは犬にとっても心地よい様だと、多くの人が感じています。

TTouch for every stage in your dog’s life
犬のライフステージに合わせたTタッチ

幼い頃からTタッチを始めた子犬は、扱いやすく、甘噛みや吠えなどの口を使った行動が少なく、リードをつけて落ち着いて歩くことや社会に受け入れられる振る舞いを学びやすくなるでしょう。

思春期の犬には、自制的に行動することや集中力を高めることにTタッチが役立ちます。ティーンエイジャーという年頃は犬にとっても難しい時期ですが、コマンドにきちんと反応でき、社会に受け入れられる犬であって欲しいと私たちは望みます。Tタッチによって強化されたコミュニケーションが、成犬への成長過程にある愛犬との毎日が楽になるでしょう。

活動的な犬は、Tタッチによってバランスと調和の取れた動き方を学習し、事故を起こしにくくなります。大切な家族の一員としてだけでなく、真の社会の一員として認められる犬に育てられるでしょう。

神経質で怖がりな犬は、Tタッチによって劇的な改善が見られるでしょう。大きな物音、見知らぬ人、動物病院での治療、その他様々な物事に対する恐怖は、Tタッチで改善している一般的な問題です。
過剰に反応しやすい犬は、他の犬や人、あるいは何かきっかけとなる物事に対する反応を、穏やかで適切なものとすることを学びます。

吠える犬は、静かでいることを学習します。愛犬が吠える理由を理解し、ただ反応するのではなくまず考えられるように手を貸してあげることで、愛犬を穏やかで静かにすることができます。

リードを引っ張ることは、バランスと自制心の欠如に直接関連しており、また人が引っ張り返すことで犬をさらに引っ張るようにさせています。Tタッチのエクササイズによって、より明確にあなたと愛犬がコミュニケーションを取れるようになり、あなた、もしくは愛犬がリードを引っ張って歩くことがないようにしていきます。

老犬は、一般的なTタッチから大きな利益を得られるでしょう。愛犬が老いていくことをなす術もなく見ているのではなく、痛み、関節の不具合、老化による症状を抑えるために、Tタッチは効果的なテクニックとなるでしょう。まるでスパに通う感覚で、自らの老犬のためにプライベート・セッションを定期的に取っている人もいます。

How do I learn more?
もっと学ぶためにはどうしたらよいのでしょうか?

認定プラクティショナーによるプライベート・セッションかワークショップにご参加ください。愛犬を幸せで円満な家族の一員とし、愛犬との暮らしをより楽しくするための、一生に渡って使える技術を学んでいただけるでしょう。

 

TTouch is fun and it works!

 

****************************************************************************

Testimonial
受講者の声

≪ Tタッチのすばらしさについて ≫

私がTタッチと出会ったのは、トレーニングの先生でもある金子真弓先生から教えていただきました。そして、新潟で行われているTタッチ・プラクティショナー・コースに参加し、より深くTタッチのことを知るようになりました。

デビー先生が、皮膚の調子が悪かった
私の愛犬コロにTタッチをしてくださいました。

私の愛犬だった柴犬コロの皮膚が悪くなった時がありました。ちょうどその頃、プラクティショナー・コースに初めて参加した時期で、デビー・ポッツ先生にもTタッチをしてもらい、また自身でもTタッチを続けました。 その後、3ヶ月ほどで皮膚は改善され、抜けていた毛も生えてきました!そこからTタッチのすばらしさに魅了され、今では犬と接する時にはTタッチを常に意識しています。

私が勤める国際ペットワールド専門学校では、毎年デビー先生にお越しいただき、学生にTタッチの指導をしていただいています。

Tタッチが広く知られていき、愛犬と接する上で最良な方法の一つとして浸透していくようなお手伝いができればと思っています。

国際ペットワールド専門学校  中野 貴行

 
国際ペットワールド専門学校でのTタッチの授業。コロの顔と体の被毛が生えかわっています。



TTouch is Worldwide!
AustriaCanadaGermanyIrelandItalySouth AfricaSwitzerlandThe NetherlandsUKUSA

2006 Linda Tellington-Jones. All Rights Reserved. TTouch(R)は リンダ・テリントン・ジョーンズの米国、日本及びその他の国における登録商標です。

お知らせ | テリントンTタッチとは | スケジュールプラクティショナー | 認定資格について | 出版物 | アルバム | リンク

テリントンタッチ 日本事務局  E-MAIL: info@ttouch.jp